IPO投資

LINEで送る
Pocket

新規上場について知っている
上場について知っている→上場については別途
が、IPO投資で儲ける方法を知らない
ほぼ確実に儲けられるIPO投資をしないことは機会損失と同じ

IPOとは

IPOとは、新規上場、もしくは株式公開と呼ばれるのですが、
つまり株式市場でその銘柄が初めて売買されることを言います。
上場についてはこちらのページで説明しましたが、株式市場でその銘柄が売買できるようになることです。
また、その銘柄のことをIPO銘柄と呼ぶこともあります。

初値

このIPO銘柄が初めて市場で売買されたときの値段を初値(はつね)と言います。
このときの株式の買い方は市場で買い注文を出した投資家ですが、売り方はその上場する企業の株主です。

売り方の投資家はその企業の社長や取締役、従業員などの関係者のほか、その会社の成り立ちとは全く関係のない一部の投資家も含まれています。

これらの投資家はIPOを担当する証券会社が募集した公募に応募して当選した人たちです。

IPO投資

IPO銘柄を投資するということは引受幹事証券が募集した株式に対して応募して
抽選で当たった投資家が上場してから売却する一連の売買を言います。

通常、この公募で当選した際に支払う金額のことを公募価格と呼ぶのですが、
最初に値段が付く初値がこの公募価格を上回る傾向があるので、この場合ほぼ確実に利益を上げることができます
ただし、最近ではこの傾向が崩れることもありますので、ご注意ください(※)
※市場で値段が付く方法については別ページで説明している板寄せ方式をご参照ください。
※最近では初値が公募価格を下回るケースもありますが、この見極め方については別ページをご参照ください。

IPO銘柄に投資する方法

公募

IPO銘柄に投資する方法は先ほど述べたように幹事証券の公募に応募しなくてはなりません。

公募に応募する条件はたった一つです。

幹事証券の公募に応募する条件としてはその証券会社に証券口座を開いておくだけです。

IPOの幹事証券になってから口座を開いていたのでは応募期限に間に合わないので、幹事証券になりそうなネット証券に口座を一通り開設しておくことをオススメします。

ネット証券に口座を開設するだけなら無料でできるので、当たればほぼ収益機会になるIPOの為に無料の証券口座を開設しない理由がありません。

しかし、いくら証券会社に口座を持っていてもその証券会社がIPOの幹事証券でなくては意味がありませんので、下に幹事証券の経験数などを示します。

2015年幹事証券

ランク 証券会社 IPO幹事経験数
1位 SBI証券 65
2位 マネックス証券 52
3位 カブドットコム証券 18
4位  松井証券  16
5位 楽天証券  10
6位  GMOクリック証券  5

幹事証券は上場のための書類準備やIR作業などから業績の進捗管理・報告業務など多岐に渡るため、経験と実績が必要になります。

従って、幹事証券の経験数はそのまま今後の幹事証券のなりやすさに直結します。

IPOに応募する

幹事証券の中でIPOの事務を主体的に行う証券会社を主幹事証券というのですが、

主幹事証券は最も株数を割り当てられています。

幹事証券や主幹事証券の経験が多い証券会社に口座を開設すればそのままIPOの当選につながりますのでこうした証券会社に口座を開いておくことをお勧めします。

ライブスター証券

IPOの応募方法についてはこちらをご覧ください。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:サラリーマン時代は赤い銀行で国内外の株式のアナリストやファンドマネージャーなど一貫して株式のトレーディングに携わる。 現在は日本株の個人投資家として独立。2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増し、現在はVTなど世界分散投資も実践。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする