明日から実践できる少額投資の極意

LINEで送る
Pocket

少しのお金でも投資に回して、資産を増やしていきたい。

このように考えている方も多いと思います。投資に挑戦する際にはまず投資資金を用意しなければなりません。

しかし莫大な金額の投資資金を用意できるのであれば、資産運用のリターンにも期待が持てますが、少額投資の場合は、ほとんど資産が増えないのではないかと心配する方もいるかと思います。

そこで今回は少額投資に挑戦する際の極意を解説していきたいと思います。

売買手数料手数料の安い証券会社で

少額投資の極意は、まずは何と言っても売買手数料が安い証券会社で取引する事です。

売買手数料は対面系証券会社が主流の時代は、かなりのコストとなっていました。

しかしネット証券が台頭してからは、手数料の安いネット証券会社を選ぶことによって手数料のコストを下げることもが可能となっています。

多くの資産がある方にとってみれば、資産に占める売買手数料割合は微々たるものです。

しかし少額投資の場合には手数料のコストが占める割合が大きくなりがちです。

少しでも手数料の低い証券会社で取引することによって少額投資でのコストを抑えることが出来ます。

そこで、手数料の面でおすすめなのが松井証券です。

松井証券は売買手数料を1日10万円まで無料としています。

少額投資をこれから始める方や現在他の証券会社で少額投資をされている方は、ぜひ松井証券に口座開設をし、売買手数料無料の少額投資を始めてみてください。

出金手数料を低く抑える

通常、投資を始めようと証券会社に口座を開設すると、証券口座へ入金するための専用の銀行口座が開設されます。

投資をする際には、初めに銀行などから入金口座に振込をしなければなりません。しかし、振込をした場合、通常は振込手数料が発生します。少額投資の場合には、この振込手数料も大きなコストとなってしまいます。

この振込手数料をなくすには2つの方法があります。

1つは対面系の証券会社に口座を開設することです。

対面系の証券会社の多くは、振込手数料を後からキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバックされることによって、振込手数料のコストが低く抑えられます。

しかし、対面系証券会社は取引手数料が高額な場合があるので少額投資の場合にはあまりおすすめできません。

そこで2つ目の方法は、振込手数料が無料になるインターネットバンキングの即時入金サービスを活用する方法です。

証券会社の口座に入金する場合には、銀行の窓口やATMで入金をする方も多いと思います。

しかし、各金融機関のインターネットバンキングを活用すれば提携している証券会社への振込は手数料が無料になるのです。

例えば、ゆうちょ銀行やジャパンネット銀行、楽天銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などのネットバンキングサービスが各証券会社と連携して、手数料無料のダイレクト入金の対象となっている場合が多いです。

これらの銀行に口座を持っている人はぜひインターネットバンキングのサービスも利用してみてください。

口座を持っていない方は、ぜひこの機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

投資情報にお金をかけない

少額投資をおこなう際でも、投資対象はしっかりと検討しなければいけません。

しかし、様々な銘柄を分析するには多くの情報が必要になります。

そんな時に参考にする投資情報の書籍としておそらく一番有名なのが「会社四季報」です。

多くの投資家たちが、「会社四季報」を参考に売買をしています。

しかし、会社四季報は1冊2000円前後の価格で、年4回発行です。

例えばこれを10年間購読し続けた場合は、2000円×4回×10年=8万円ものコストとなってしまいます。

少額投資の方は8万円コストがかなりの負担になると考えられます。

そこで、「会社四季報」のような投資情報も無料で手に入れ、コストを少しでも抑える努力をしましょう。

実は、ネット上で「会社四季報」の情報を無料で閲覧することが可能な証券会社が存在します。

無料で「会社四季報」などの様々な情報を閲覧して、コストを減らす努力をしましょう。

「会社四季報」が無料な証券会社は以下のとおりです。

信用取引で資金効率を上げる

少額投資の場合にはリターンも少額になってしまうと一般的には思われがちです。

しかし、信用取引を利用すれば、少額投資でも大きなリターンを得ることも可能になります。

信用取引では、一般的に自己資金の約3倍までの投資が可能になります。

つまり自己資金30万円の方は約3倍の100万円前後まで投資が可能となります。

また、2013年1月から信用取引の規制が緩和され、同一銘柄での回転売買が可能となりました。

これまでは、同じ銘柄を1日で何回も回転売買することは規制されていました。

しかし現在では規制が無くなり、1日のうちで何度でも売買が可能となりました。

これにより、少額投資の場合でも回転売買が可能となり、1日に何回も回転売買することによって売買金額も多くなり、これまで以上に利益を積み増すことも可能になりました。

少額投資の場合で投資金額に満足できない方は、ぜひ信用取引も活用してみてください。

まとめ

少額投資に挑戦する場合には、徹底的にコストを削り、資金効率をよくしなければ、より良い投資成果は得られません。

今回紹介した方法で、少しでもコストを抑え、資金効率のよい資産運用になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.