【やみくもにやってはいけない!】資産規模別IPO当選の極意

LINEで送る
Pocket

やみくもに申し込んでもなかなか当選しないIPO

「IPOは儲かる」こういった言葉をよく聞くことがあります。

しかしそれと同時に「IPOは宝くじみたいだ」という言葉もよく聞かれます。

確かに数ある投資手法の中でIPOは利益となる確率の高い投資手法に分類されます。

人気のIPOは値上がりの期待も高いですが、一方でIPOには購入希望者が殺到し、まるで宝くじのようになかなか抽選に当選することができない人も多くいます。

IPOはただやみくもに抽選に参加するだけではなかなか当選しません。

今回は資産規模別にIPO当選の極意について解説していきます。

IPO当選の極意【資産規模1億円以上】

まず資産規模1億円以上の方におすすめなのは、大手対面系証券会社で営業員に直接IPOの申し込みをすることです。

IPO抽選には一般的に完全抽選店頭配分の2種類があります。

完全抽選とはネット証券で多い抽選方法ですが、IPOの抽選に申し込んだ方に資産規模や取引実績に関わらず公平に抽選をする方法です。

もう一方の店頭配分とは完全抽選とは違い、各支店にIPO株が配分され、営業員や支店長の裁量によって各顧客に配分されます。

各支店の営業員や支店長の判断で配分されるため、IPOの申し込みがあった顧客の中でも資産規模が大きい顧客や、取引実績の多い顧客に優先的に割り当てられることが多いのが特徴です。

その為、資産規模が1億円以上の方は大手対面系証券会社の営業員や支店長と懇意にしていれば、自然とIPOに当選しやすくなります。

また、大手対面系証券会社はIPOの取り扱い株数も多い傾向があるため、一度に多くの株数を当選させることも可能です。

IPO当選の極意【資産規模1000万円~1億円未満】

資産規模が1,000万円以上ある方でも大手対面系証券会社では上顧客として扱ってくれない事がほとんどです。

その為、大手対面系証券会社でIPOの抽選に申し込んでも当選する可能性は低くなります。

しかし大手の対面系証券会社ではなく、準大手の対面系証券会社では上顧客として扱ってもらえる場合もあり、店頭配分によってIPO株を優先的に回してもらえることもよくあります。

店頭配分の場合は大手対面系証券会社や準大手対面系証券会社の中には抽選前にIPOの配分の確約をしてくれる証券会社もあるほどです。

資産規模1000万円以上~1億円未満の方には店頭配分を狙って、準大手対面系証券会社からIPOを申し込むのがおすすめです。

IPO当選の極意【資産規模300万円~1000万円未満】

資産規模1000万円未満の方は、対面系証券会社から上顧客として扱ってもらうことは難しくなります。

上顧客として扱ってもらえないということは、対面系証券会社から営業員に直接IPO抽選の申し込みをしても、店頭配分からIPO株を回してもらえることは少なくなります

資産規模300万円~1000万円未満の方は、店頭配分だけに頼らず、完全抽選を実施している証券会社からもなるべく多く抽選に申し込むことが必要となります。

抽選の申し込み口数を増やすことがIPO当選の近道となるのです。

また、対面系証券会社でも店頭配分だけでなく、IPO引受株数のうち10%~15%を完全抽選に回す証券会社が多いです。

そのため、完全抽選が多いネット証券だけでなく、対面系証券会社にも抽選の申し込みをすることも、IPO当選の確率をあげる為には必要となります。

IPO当選の極意【資産規模10万円~300万円未満】

資産規模10万円~300万円未満の方は、たくさんの証券会社からIPOに申し込みし、抽選口数を多くするという手が使えません。

実はIPO抽選の場合はほとんどの証券会社で抽選の段階からIPO株の購入資金が拘束されます。そのため、投資資金の少ない方は抽選口数を多くするという方法が使えないのです。

しかし、資金の少ない方は1つの証券会社で何度も申し込みを繰り返すことによって、当選確率を上げる裏技があります。

例えば、SBI証券ではIPOチャレンジポイントというポイント制度があり、IPOに応募してこのポイントを貯め、次回以降のIPOの抽選に当選しやすくするという方法があります。

これは落選すればするほどポイントが貯まり当選しやすくなるので、資金の少ない方にもおすすめの方法です。

資産規模別IPOおすすめ証券会社

・資産規模1億円以上

野村證券、大和証券、SMBC日興証券会などの大手対面系証券会社から申し込むのがおすすめです。

・資産規模1000万円~1億円未満

岡三証券、東海東京証券、いちよし証券などの準大手対面系証券会社から申し込むのがおすすめです。

・資産規模300万円~10万円未満

SBI証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券などのネット証券や、野村證券、大和証券、SMBC日興証、岡三証券、東海東京証券、いちよし証券などの対面系証券会社など、なるべく多くの証券会社から申し込むのがおすすめです。

・資産規模300万円~10万円未満

SBI証券がIPOの抽選に落選した場合にIPOチャレンジポイントを付与する制度をおこなっています。

SBI証券から毎回コツコツとIPOに申し込み、IPOチャレンジポイントを貯め、当選確率を上げるのがおすすめです。

まとめ

資産規模によってIPOの抽選申し込みに適切な証券会社があります。

宝くじのようなものだからと言ってやみくもに抽選に応募するのではなく、こうしたご自身の資産規模に合わせて、より当選しやすい証券会社から抽選に応募申し込みを行うことがIPO当選への近道となります。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:サラリーマン時代は赤い銀行で国内外の株式のアナリストやファンドマネージャーなど一貫して株式のトレーディングに携わる。 現在は日本株の個人投資家として独立。2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増し、現在はVTなど世界分散投資も実践。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする