徐々に関心が高まるミンスキーモーメントとは

LINEで送る
Pocket

ミンスキーモーメントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

この言葉ほど、金融関係者とそれ以外の人の間で反応が異なるものはありません。

ミンスキーモーメントとはいわゆるバブルが崩壊する直前のタイミングのことを指し、1998年のロシア危機に際して、アメリカの経済学者ハイマン・ミンスキー氏にちなんでつけられました。

一般にミンスキーモーメントとは、投資家が過剰な投機によって生じた債務スパイラルによって、マーケット全体で深刻な流動性不足を抱えるポイントであり、資本主義経済において経済成長が発展する過程で必ず起こり得ます。

ある意味、正常な景気循環のプロセスの一環でありますが、株式市場でも資産価格が大暴落につながる重要なシグナルと言われています。

翻って現在予想馬付きは一時よりも大分回復してきましたが、依然、先行きは不透明だし、長年積み上げてきたアメリカ市場の右肩上がり傾向にも陰りが見え始めています。

バブルが崩壊すると暫くは停滞するため、投資家としてはいつ起きるかわからないバブル崩壊を予知しようとせずに常に定期的に買い付けたものが最後に勝つのです。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:金融機関で国内外の株式のアナリストやファンドマネージャーなど一貫して株式のトレーディングに携わる。 2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増し、現在はVTなど世界分散投資も実践。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする