SBIのPFOFに見る日本市場の未熟さ

LINEで送る
Pocket

我々個人投資家は最適な取引方法を求めて10bps単位で取引手数料の安い証券会社を探していましたが、最近こうした努力を踏みにじるようなニュースが流れてきました。

手数料の安い日本のネット証券の内実

まず金融市場は機関投資家から個人までさまざまな魑魅魍魎が跳梁跋扈する特殊な業界です。

そんな中でネット証券は個人投資家にとって数少ない味方となるはずでした。

SBIの北尾会長はもともと野村証券で次長クラス(部長の一個下)にまでなった人物なので相当なやり手であることに違いはありませんが、その立場を捨ててわざわざネット証券という小さなスタートアップを作りました。

個人投資家は取引手数料の安さで証券会社を選んでおりSBIはその代表的なネット証券でしたが、その内実は以下のようなものだったのです。

つまり、個人投資家からの注文に対して密かに相対取引を実施して、鞘を取っていたのです。

これは個人投資家に対する裏切り行為以外の何者ではないのですが、このようなルサンチマンはいつの時代にも存在し憂いていたらキリがないです。

アップルやアマゾンなどインターネットを使ったプラットフォームの拡大によって市場の寡占化する懸念と同じ構造で、影響力の大きなプレイヤーが小さなプレイヤーを搾取する構造はどの分野でも発生します。

前回の記事でも書きましたが、日本の金融市場は上場企業の未熟さから投資先として有望ではないことを書きました。

管理人がこれから投資家になろうとする新人に何かとっておきの秘訣を教えようとするなら、日本市場にはないアメリカ株のある特徴を教えたいと思います...

こうした株主軽視の姿勢に対して、日本市場には金融リテラシーの低さを理由に短期的な利益を搾取しようと、投資家をカモにする業者が大勢います。

今回は個人投資家の注文を仲介するネット証券がそれをやっていたというだけのことで、リテラシーのある投資家であれば感知できたのかもしれませんが回避する方法はありませんでした。

では個人の投資家は諦めるしかないのかというとそうではなくて、勝てる見込みのない短期売買をせずに長期で売買をしていくべきという教訓を得ることができるのです。

だからこそ唯一勝てる分野となる、長期的に下落リスクの少ない国を重点的に投資すべきと考えます。

↓ポチッと押して頂けるととても励みになります。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:一貫して米国株投資を継続中。 2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増した後2018年9月に100株全売却して方針転換。現在は高配当ディフェンシブ個別銘柄やVTなど分散投資

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする