20代と40代で投資スタイルをどう変えるべきか

LINEで送る
Pocket

世代によって異なる投資スタイル

私にはマザーズに投資し続けている20代の知人がおり、このところの日本株の低迷でマザーズ市場は大いに影響を受けているのですが、給料が入るたびに懲りずに買い増し続けています。

私からしたら自傷行為とも言える投資法なのですが、本人は至って真面目に時価総額が割安だと血走った目で訴えるのです。

テンバガーを当てたくなる気持ちはわかりますが、日本株、しかもマザーズという負の影響を致命的に受けやすい銘柄に投資する気持ちを考えてみると、世代によって投資スタイルを変えてみてもいいのかもしれないと思いました。

そこで今回は各世代の投資に対する考え方をまとめてみました。

20代の投資手法

20代であれば振れ幅の大きな日本の中小型に投資するのは合ってるかもしれません。

人によってはビットコインに投資するというツワモノもいるかもしれませんね。

管理人個人としてこうしたスタイルは否定しませんし、向き不向きもあるので若いうちに色々冒険してみるのもアリだと思います。

初心者であれば変動の大きな銘柄に投資することで投資の面白さに気づく時期かもしれませんし、財務指標や経済に詳しくなったり数字の瞬発力もつきます。

またこうした銘柄は急にトレンドが変化するので、転換点を捉えることを上手くなればそのまま生き延びて大成功するかもしれません。

特に、結婚しておらず、まだ大きな資金需要の予定もない独身貴族でリスク管理さえしっかりしていればグロース銘柄に投資して一発逆転を狙うのもいいかもしれません。

ただ、ここまで書いて日本株に投資する人の気持ちに寄り添ってみてもやはり無理があるように思います。

中には天才的な銘柄選択能力と天性の勘でトレンドを掴む人もいるかもしれませんが数万人に一人、いやもっと低い確率かもしれません。

我が子にはしのごの言わずに米国の高配当株を強制して、有無を言わさずに配当再投資をさせます()

40代の投資手法

ただし、これが40代であれば人生の折り返し地点になります。

資産もそれなりの規模になっていたり、そうでなくても今後大きな賭けに出ることが難しくなるので、資産の変動もあまり好ましくないのではないでしょうか。

人生の終着点というには早すぎるかもしらませんが、戦時中であれば平均寿命は50歳でした。

医療の発達で健康寿命は80歳まで伸びましたが、少しずつ体にガタが来て無理ができなくなってくる時期でもあります。

自己資産の拡大に向けて無難かつ着実に積み上げていきたいところだと思います。

そういう意味では安定した利回りの確保を念頭に置くべきです。

今であれば安定して利回りの高い商品が沢山あります。

例えばハイイールド債券でなくても格付けが高くてクーポンレートや利回りの高い商品も沢山あります。

当面は新興国からの資金流出も続きそうなのでこうした地域の通貨変動を考慮すると米国のトレジャリーボンドなどの短期のソブリン債や一定格付以上の米国社債など、3%程度の利回りの商品も保有していいかもしれません。

もちろん少し長く保有することを考えるのであれば、長期ゾーンのソブリン債やこれらの高利回り債券が組み込まれた投資信託でも良いかもしれません。

30代の投資手法

30代の私はその中間で両者のメリットである、インカムゲインとキャピタルゲインが見込める米国高配当株投資を実践しています。

具体的にはVZ、BTI、JNJ、PM、PG、IBM、KO、MCDなどです。

多少の変動リスクを取りつつ、安定した利回りを確保できるためおすすめです。

こうした銘柄のほとんどは過去長い間(銘柄によっては何十年と)増配を続けているので需給面で株価の上昇が見込め、高い配当利回りにも期待できます。

今なら一時的にではありますが、ハイテク株からディフェンシブへの資金流入によりキャピタルゲインが大きくなっていますが、基本的に株価を見ないでも良いので精神衛生的とも言えます。

↓ポチっと押して頂けるととても喜びます。

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:サラリーマン時代は赤い銀行で国内外の株式のアナリストやファンドマネージャーなど一貫して株式のトレーディングに携わる。 現在は日本株の個人投資家として独立。2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増し、現在はVTなど世界分散投資も実践。