今年1番買っておいて良かったと思う銘柄

LINEで送る
Pocket

2018年は多くの投資家にとって文字通り山あり谷ありの波乱万丈な相場となりましたね。

2月に大暴落、そこから急回復して、10月に再度下落してまた回復しつつあります。

管理人個人としては、今年は2年前から買い増してきたアマゾンを9月末に全て売却した記念すべき年になりました。

またそれと同時にそれまでのグロース株中心から高配当銘柄中心のポートフォリオに転換した年でもあります。

現在、保有銘柄の中ではPMVZJNJPGが好調、決算が不調だったAT&T(T)が不調、その他BTIなどが横ばいという感じで推移しています。

同じ高配当の中ではXOMは保有していませんが、T同様に安いから飛びつくには少し危険な香りもします。

そんな中で本日はPMに焦点を当ててみました。

というのも昨日、PMの加熱式たばこの主力商品IQOSで新商品が発表されたからです。

良好なPMの業績

今年の1115日に発売予定の新商品IQOS3IQOS3 MULTIはそれまでのIQOS2.4よりも充電効率が改善され、より持ちやすくコンパクトになるなど、基本性能の向上に加えて、まるでアップルのような洗練されたプロダクトになった点が注目点だと思っています。

たばこというと、近年は特に(私も含めて)健康面での配慮から敬遠されがちでしたが、無煙化されたことに伴い、より気軽に、またファッション性に優れたものになりました。

最近では燃焼式のたばこよりは加熱式の無煙たばこの方を好んで吸う人を多く見かけるようになったことーもあり、投資家の皆さんの中にはPMの決算が気になるという方も多いのではないでしょうか。

次の決算まで少し時間が空いているので、今回は時間軸を少し戻して20183Q決算資料をレビューしてみます。

20183Q連結決算のハイライト

希薄化EPSについて

・前年同期比(対20173Q)の希薄化EPS$1.27に対して20184Q13.4%$0.17)上昇の$1.44になりました。

※希薄化EPSとは発行済みの株式数に加えて将来株式に転換される可能性のある転換社債やワラントも含めた株数を分母にとったEPSです。

・今期は為替変動が反対に動いたがその影響を除くとEPS20.5%上昇しました。

出荷量と内訳について

・燃焼/加熱たばこの総出荷量は2037億ドルで2.1%減少したが、代理店の在庫調整を加味すると1.1%の上昇となりました。

・燃焼たばこの出荷量は1951億ドルで、1.7%(34億ドル)の減少となりました。

・加熱たばこの出荷量は87億ドルで、11億ドル(11%)の減少となりました。

・売上高は75億ドルで0.4%上昇しました。これは為替の影響を除くと3.3%の上昇です。

・営業利益は32億ドルで2.25の上昇となりました。これは為替変動を除くと7.6%の上昇です。

年間計画について

・今年は希薄化EPS$4.975.02を予測しています。

André Calantzopoulos CEOのコメント

3Qは良い成長ができた。

代理店の在庫調整を除くと、前四半期比と前年度比でプラス推移となった。

これは燃焼たばこ同様、加熱式たばこが引き続き堅調に推移したことによるものである。

我々の市場シェアは四半期で0.5%、前年度比で0.6%上昇した。

EPSは(為替変動の影響を排除すると)年間で89%の成長を見込む。

特にEUとロシアで伸びているが、我々は引き続き無煙たばこに注力していく。

事前の発表通り、新型商品IQOS3IQOS3 MULTIを世界の発売に先駆けて日本で先行販売を開始する。

今年の加熱式たばこの出荷量は410420億と前年度比で2倍にする目標を据え置く。

以上ですが、トータルの出荷量の減少が気になりますね。

加熱式たばこ、燃焼たばこ共に新商品発売に向けて販売店の在庫調整が進んでいるのかと思います。

また新商品の投入による売上伸長も期待できそうです。

一点気がかりなのは、この加熱式たばこがアメリカでは販売許可が降りてないことが挙げられます。

食品医薬品局ではこの加熱式たばこが燃焼たばこよりも害が少ないという宣伝をしてはいけないということになっています。

日本ではなぜか販売できていますが、疑問の声が上がっていることも事実です。

ただ株主であればそうしたリスクを注視する必要があるものの、新興国の潜在的な売上寄与度も含めて今後の収益拡大が見込めるPMには期待をしています。

個人的にはたばこは吸わないし、健康被害も気になりますので、身近な人には吸って欲しくないのですが、依存性のあるビジネスですので当面は禁止されることもないと判断し、また連続増配傾向、株価も堅調ということも評価して、ある種の健康保険という意味合いで保有していきます。

↓ポチっと押して頂けるととても喜びます。

にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

パウエル五郎

名前:パウエル五郎 年齢:30代 経歴:サラリーマン時代は赤い銀行で国内外の株式のアナリストやファンドマネージャーなど一貫して株式のトレーディングに携わる。 現在は日本株の個人投資家として独立。2016年にアマゾンを購入してからひたすら買い増し、現在はVTなど世界分散投資も実践。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする